具体例 考える力を伸ばす関わり


人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。

アナタなら、どうアドバイスしますか?

あるクライアントからの相談。

お客さまでもあるけど、仲間でもある人との

微妙なバランスの取り方について。

仲間としてみた時に、ルール違反がある。

注意したいが、面と向かって注意するには

ちょっと信頼関係が薄い。

これ↑結構、躊躇を起こしやすいですね。

信頼関係がしっかりあれば、多少、キツいことを

言うにしても「大丈夫」と安心感が働いて、言う

べきことをしっかり言えたりしますが、そうでない

場合は関係性が壊れることへの恐れや抵抗感

から言わない・言えないが生まれます。

しかし、言わないと示しがつかないしグズグズに

なっても困る・・・

が、お客さまでもある。

お客さまにあまり厳しくも言いにくい・・・

どうしたら良いか解らない・・・・

と悶々とされ、答えを求めてこられました。

ご存知の方も多いですが、答えを求められて

答えたところで、ほぼ採用されないですから(笑)

クライアント自身に考えてもうらう方向で促して

行くのですが、この方は本当にどうしたら良いか

と途方にくれてらっしゃいました。

さて、こんな部下からの相談にアナタなら

どう対応しますか?

部下の考える力を引き出す

という観点に立てば、答えを言わずに待つです。

研修などでは私もこのように話します。

が、本当に解らない状態の人に「待つ」を

続けるのは酷というもの。

嫌がらせか?です(笑)

また、現場では現実的に「待つ」にも限界がある。

悠長に待ってはいられない。


ではどうする?


私がよくやるのは


考える糸口を提示する

(観点を開く)


要するに

色んな解決策を提示する。

のですが、提示の仕方に気をつけています。

これが答えだ!!と思われないように

私ならこんな風にしますかね~

私ならこんなことも考えますね

こんなことも一つの方法ですよね

などと、個人の意見として~や、一般的な観点で

を強調した形で話しをする。

で、最後に必ず

てなこともありますが、○○さんはどんなことを

考えますか?

てなこともありとして、○○さんならどうしますか?

と本人に下駄を預け直します。

そうすると、目がキラっ宝石ブルーと光り、自分の考えを

明確に述べたりします。


それが例えこちらが提示した方法だったとしても、

自分が考えたこととして扱うようになるので、

途中で投げ出したりもなく、自信にも繋がって

いきます。


こんなことも参考にして頂ければ!


GOGO!リーダー!!


ブログランキング参加してます。

よろしければ、ご協力ください 


人気ブログランキングへ