伝わらない原因はコレかも? 

p>
人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。



イマイチ話しが伝わってないな・・・


と思ったことがあるアナタへ


どうも自分の言ってることが部下や周りに

伝わってない・・・と感じたことのあるリーダーは

結構多いはず。



伝わらない理由として考えられるのは


信頼関係がない


とか


相手の理解力の問題


とか


話し方の問題


など等。


信頼関係がなくて何故に故に伝わらない?

と思われる方もいるかもしれませんが、かなり

重要なんですよ。信頼関係って。


信頼関係があると、相手に対する構えは

正面を向いているとかちょっと前傾くらいになる(笑)


そうでない場合、特に関係性が悪いと斜め向いて

しまうでしょ?話しなんか聞くもんか!って勢いで。


あと、案外自分の話し方が聞きづらい事に気づいて

ない方が多い。


早口は伝わりにくいですね。

あと、単調過ぎるとダメです。

抑揚で私たちは大事だと判断したりしますから。


また、こういうクセの在る方は気をつけて。

         ↓


自分で言ったことをすぐ否定するクセ


居ますよね、こういう方。

自分で言った端から否定する。


これは周りが何を言っているか解らなくなります(笑)

集中力が切れたら聴かなくなってしまいます。


てなことで、このような観点も気を付けて頂きたい

ところですが、今日はちょっと違う観点でお届けします。


あるクライアントが会合で挨拶を頼まれたとの相談を

持って来られた。


挨拶などの場合、まず気を付けないといけないのは


掴み


笑うかもしれませんが、これは大事なんです。

掴みがOKなら、その後しばらくは掴み効果

聴いてくれます。


このクライアントの挨拶の掴みは、ぶっぶーーーー!


面白くなーい!


やんわりそのまま伝えましたが(爆)


とは言え、お笑い芸人のように面白いことを言うのでは

ないのです。


私たちが面白みを感じるポイントとして、


人(柄)が感じられる


というものがある。


どんなに素晴らしい話しも「その人」を感じなければ

飽きてくる。全然面白みがないのです。


てなことで、「自分を出す」ことをまずお伝えしました。


が、ここが今日のポイントではありません。



難しい言葉



リーダーは結構勉強しています。

研修も多くあるし、リーダー本などもよく読んでいる。

私のセミナーなどに自腹で参加されるリーダーも

少なくはない。


なので、知らず知らずのうちに


難しい言葉


を使ってしまっている方が案外多い。



一般的には使わない言葉



セミナーなど参加者同士にしか解らない言葉



英語などを勉強した人にしか解らない言葉


など等。



勉強熱心がアダになっていることが有るかも

知れませんよ。


ただそれだけで

伝わりにくくなっているのかも?!


という疑惑を持って自分が話すことを

意識してみると現実に変化が生まれる

かも知れません。


GOGO!リーダー!!



今年最後のリーダー応援ブログとなりました。

今年もお付き合いありがとうございました。


来年も少しでもお役に立つ観点を私なりに発信

して行きます。

宜しくお願い致します。


では良いお年を!

GOGO!リーダー!!


ブログランキング参加してます。

よろしければ、ご協力ください

 
人気ブログランキングへ