伝えたいことを伝える!

人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。



胸に刺さりました・・・・



育成に悩むあるクライアントがセッションの最後に

つぶやかれました。



若い世代の育成


いつの時代でも同じでしょうが、

育成担当者には非常に難しい課題です。



なぜに故に難しいのか?



その一つの理由として


常識の違い


が挙げられますよね。



と言っても、若い世代も常識は知ってる


遅刻せずに出勤(出席)する

任された仕事はきちんとする

仕事(授業)中に私事などの関係ないことはしない


など等。


知っているはずのことをやらない。


まるで解ってないかのような行動を取ったりする。


ま、それが若気の至りってことですが(笑)


どうもね、世の中が正しいとしていることを


無性に否定したくなる


ようですね。


これはこれで成長過程と観ることも出来ます。


やり方は別として、自己主張をしているんですね。


思い出してみて下さい、ご自身の若かりし日を(笑)


同じような感覚は無かったですか?

反抗と言う形であらわさなかったにせよ、


なんか自己主張がしたかった自分


アナタの目の前にいる人もそんな瞬間の中に

いるのかもしれません。



さて、常識の話し。


遅刻せずに出勤(出席)する

任された仕事はきちんとする

仕事(授業)中に私事などの関係ないことはしない


などの常識を改めて教えないといけない場合に

この観点↓を持って頂くように伝えています。



何故に故に



という、中身を説明する(教える)こと。


改めてなぜに故にをクライアントに訊ねてみると

ほぼ言葉になりません。


みなさん中身を知っている。


知ってはいますが、


ぼんやり知っている


のです。


ぼんやりでは伝わらない

説得力は出て来ない


伝わるコミュニケーションを目指すなら、

自分が伝えたいことを明確にする。



言語化する



その為には自分自身でまず探究しなければ

なりません。


個人セッションの場では、探究して頂くように

質問します。


これがかなり厳しい(笑)


今回もがっつり探究して頂きました。


そして気づかれたようです。


自分がしっかり言語化出来ていないこと

そこまでしっかり関わっていなかったこと


そして、冒頭のつぶやきになったようです。


次回までに宿題として、しっかり探究して言語化する

晴れやかなお顔で帰っていかれました。



ファイトーーーー!!!



GOGO!リーダー!!



















ブログランキング参加してます。

よろしければ、ご協力ください 

人気ブログランキングへ