新人教育をするにあたりのおススメポイント

人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。



新人教育をするにあたりのおススメポイン




4月になりました。

新人が入ってきて、職場や場が何となくドキドキ感が

漂い、華やかな感じになっているのではないでしょうか?


新人でなくても異動などで新しいメンバーとのやり取りで、

いつもと違う感じになっていることでしょう。



やっぱりね、人って印象良くしたいんですよね(笑)


感じ良いなー


とか


良い人(達)そうで良かった


とか思わせたい(笑)

ってこれは単に自分(達)が良く見られたい

というだけでなく、



相手を安心させてやりたい



という思いも含まれていると思う。


ここは動物の本能ですよね。



安全



をアピールすることで場を安定させる。



さて、この感覚と教育が噛み合わない時が出てくる。



厳しさ



を出さないといけない場面・・・

結構、厳しさを発揮出来ない教育担当者が多い。



安心と信頼は職場では絶対的に必要なモノ


ですが、

ゆるゆる・ぐずぐずでは職場の質に影響が出る。



相手の耳には痛いであろうが、

言わねば解らないこと・改善が必要なことは、

しっかり言う必要がある。



私が個人セッションをする際にもこれ↑と同じことが

必ず起きてきます。


前進や成長に必要なことを言わないなら、トレーナー

なんてやる価値はない!


と思っているので、言うようにしますが、いくらトレーナー

と言っても、痛いであろうことを言うのはなかなかに

勇気が要るものです。


その瞬間をサポートする為に、個人セッションが始まる時

に必ず行うことがあります。


合意を創る


どんな合意か?というと


前進や成長に必要と思ったことは必ず伝える。

耳が痛いかも知れないが聴いて貰えるか?


という確認をして、相手の合意を取ってから

セッションを開始します。


この合意があるからこそ、勇気を出して厳しいことも

言えるようになりました。

相手に誤解されないという安心感が生まれているから。


これはおススメです。



そして、もう一つ。


ここで終わってはフェアではありません。


相手(クライアント・新人)がこちら(トレーナー)に対して、

引っ掛かりや不当に扱われたなど、湧いた感情を隠す

ことなく勇気を出して伝えること。

トレーナーの威信にかけて、ちゃんと聴くからしっかり

言って欲しい。


これをやってくれるかの確認をし、合意を取る。



互いに言うべきことを言いあえる状態を創りだして

から進む


これを是非やってみて下さい。

清々しく、厳しいことも言える自分が発揮出来るはず。



GOGO!リーダー!!





ブログランキング参加してます。

よろしければ、ご協力ください

  人気ブログランキングへ