自尊心の高い部下の育成に迷う時

人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。


そりゃ~社長、そのままにするのは

いかんのではないですか?

あるクライアントが、


部下の行動に違和感を覚えたが・・・・・・・

と迷って相談してきた。


この部下は若いがなかなかのやり手。

ある程度のことを言えば、自分で考えて行動する。

任せておける部下。


やり手とは言え、まだまだ経験が浅い。

知らないこと、観えていないこと、考えが及ばないこと

は相当にある。

育成は必要。


しかし、育成上の悩みが出ている。


自尊心


この部下、とても自尊心が強いらしい。



若くして任されることも多く、彼の中で自分は


優秀である

何でも解っている

自分がやることには間違いがない


くらいの自信があるらしい。


ま、これが若さというものではありますが、

扱いにくいのも確か。


これだけ自信に満ち溢れていると、


注意や否定的なことは聞き入れないのでは?


と思ってしまう。


社長であるクライアントとしても、嫌~なムード

にはなりたくない、出来るだけ良い雰囲気で居たい

と思う気持ちも解る。

人間関係がガタツクのは誰でも嫌なもの。



なので、教育しないといけないとは思いつつ

ついそのままにしようとしてしまう。

が、それではいかん!との思いも湧く。


なかなか悩ましいところ。



優秀であればこそ、次世代のリーダーになって

欲しいと思うのであれば、そのままにするのは

良くない。


息子のように思っているのであれば、どこに出しても

恥ずかしくないように指導してやる。


嫌われても部下の為にも指導する。


リーダーにはそんな勇気も必要なんですよね。


だからリーダーはつらいよなのです。


ただ私はこの勇気、部下の為というより

リーダー自身の為に必要だと思う。



自分が自分にウソをつかないように

自分が自分に恥じない人生を歩む為に



後日、この社長


ちゃんと話すことが出来ました。

話してみたら(意外と)素直に聴いていました。

話すと決めて良かったです。



と晴れやかな顔で話してくれました。

社長も一歩前進した瞬間。


GOGO!リーダー!!



ブログランキング参加してます。

よろしければ、ご協力ください 

人気ブログランキングへ