組織の品格

人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。


嫌な事を言う人が

いたから組織は保たれていた

最近、OL時代を思い出すことがありました。

当時、50代の「うるさがた」のおじさまが


あんたなぁー、これなーこんなんでええんか?


僕はそれは違うと思うで。

それは相手に失礼とちがうか?

自分がされたらどう思うんや?


解ったらさっさとやる!さっさと!


あんたな、何が気に入らんのか知らんけど、

その態度はないな。

20年早いわっ!


など等と、こと在るごとに自分より若手の言動に

お小言をおっしゃっていた。

聴いている方もドキっとするほど、ぐさっ!!

確信をついたことをおっしゃった。

言われた方は、もちろんうげっ!!という反応に

なります。

その後しばらく、


シーーーーーーーーーン・・・・・・・・

と気まず~~~いムード。

が、そんなことにはお構いなしで、どんどん言う(笑)

人事異動でやって来た人は、びっくりしてフリーズする。

しかし、あれが、あのこと在るごとのお小言が、組織の

空気を引き締めていたのだと思うのです。

あの歯に絹着せぬお小言が、それぞれに適切な行動を

させていたのだと思うのです。

人は簡単な方、

楽な方に流れていき易い

注意されなければ、「これでもええのか~」


注意されたら

「やっぱりダメか。じゃ、気をつけよう」

と。

学歴もある大人なんだから、それはあまりじゃないの?

と言うお声もありましょうが、人とはそんなものです。

もちろん、しっかり自制をきかせる事が出来る人も多い。

が、そうでない現実が目の前に広がって

いるのであれば、改善の為の適切な

関わりが必要ということです。

しーーーーんと気まずいムードになることには抵抗感が

あるでしょう。

毎日顔を合わせると思えば、出来るだけ波風が立たない

ようにしたいのは人情。

先述の「うるさがた」のおじさま。

その当時、ご本人もかなり抵抗感は在った模様。

が、それを上回る熱き思いがあった模様。

ちゃんと言うたらな、いかん!

と。

成長させよう 

教育してやらないかん

という熱き思い

あのような人がいたから、

組織の品格が保たれていたんだなー

と、感謝の気持ちと共に、つくづく思う今日この頃です。

GOGO!リーダー!!



ブログランキング参加してます。

よろしければ、ご協力ください 

人気ブログランキングへ