ここがリーダーのふんばり所

人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。


リーダーは間違えない

という感覚にやられてませんか?



リーダーになると多くの場合

間違いは在ってはならない

という空気をリーダー自ら創ってしまう傾向が在る。

これって、冒頭のパラダイムが作用しているのだと思う

のです。

もちろん、周囲の空気からもこのパラダイムは強化される。

とは言え、これは現実的ではないですよね。

リーダーも人間

エラーは在ります


なのに、

間違えない

などという感覚でいると大変です。

と言うか、私がセッションやセミナーで関わって来た

リーダー達の多くは自分のミスは

切腹もの

くらいに扱う人も少なくない(笑)

その責任感があったればこそ、能力を発揮しリーダーの

ポジションに就いている。

責任感も出し過ぎるのは良くない。

もろ刃の剣

です。

セミナーなどでもお話しますが、

トレーナーとして何を重視しているか?と言うと

それぞれの人のバランスを整えること


なのです。

責任感は人として素晴らしい感覚です。

仕事上はもちろん、人間関係にも大きな影響があります。

が、行き過ぎると

自分のパワーを落としてしまう。

あるリーダーが間違いを起こしました・・・

とぐったり話し始めました。

ご自身では

やってはいけないことをやってしまった

とは言え、第三者の私が聴くとそこまでではないですよ(笑)

しかし、リーダーとしての誇りや責任感が強いだけに

夜も眠れず・・・・

だったらしい。

悶々とした時間を過ごしている。

そこで先述の

リーダーも人間

エラーは在ります

などの話をして、自責を緩めたところで

自分の間違いや非を認めたなら

次はどうする?



というところを探究しました。


ポイントは

何をどう扱えば

アナタが清々しく居られるか?



清々しく居られる = 能力を発揮出来る状態



リーダーはこれをいかにキープするかです。


そこで、このリーダーが出した答えは



ちゃんと相手に詫びる

自分が納得する形でお詫びする



でした。



その場ですぐに実行。


ちょっとしどろもどろになってましたが(笑)

その後の表情は清々しさと言ったら!!



能力を発揮出来る状態に整える


これもリーダーの大切な感覚の一つですね。



GOGO!リーダー!!















ブログランキング参加してます。

よろしければ、ご協力ください 

人気ブログランキングへ